logo

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    24347_original
    1:  
    こいつのせいで人死にまくったし( ;´・ω・`)

    【進撃の巨人のエルヴィンって無能ってことでいい?( ;´・ω・`)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  

    【【悲報】ジャンプ看板ヒロアカさん、もうめちゃくちゃ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    main

    1:  
    6月26日 ナメック星消滅か!?大地を貫く魔の閃光 
    7月3日 プロ野球中継「ヤクルトVS巨人」
    7月10日 勝つのはオレだ…生き残りをかけた最終攻撃
    7月17日 神龍よ宇宙を走れ!!迫るナメック星消滅の時
    7月24日 ボクは孫悟空の息子だ!!悟飯、再び決戦場へ
    7月31日 オレはこの星に残る!!勝利への最後の願い
    8月7日 とことんやろうぜ!!消えゆく星に残った二人
    8月14日 哀れフリーザ!震えだしたら止まらない!!
    8月21日 悟空の勝利宣言だ!!フリーザが自滅する時…
    8月28日 フリーザ敗れる!!すべての怒りをこめた一撃
    9月4日 ナメック星大爆発!!宇宙に消えた悟空

    【ドラゴンボールZ「ナメック星消滅まであと5分やで~」ワイ少年「はぇ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  

    【牛丼ガイジ「カノジョと新宿で待ち合わせをした。天気がいいので歩いていく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  
    「実は、超ベテラン漫画家の弘兼憲史先生と柴門ふみ先生の息子さんが、『西倉新久』というペンネームでひそかに漫画家デビューしているんですよ」(漫画雑誌編集者)

     弘兼氏と柴門氏は、漫画界で大ヒット作を次々と生み出している“大御所作家”。

    「弘兼先生は'83年から現在まで連載が続いている『島耕作』シリーズをはじめ『人間交差点』や『黄昏流星群』など、映像化もされたヒット作を次々と世に送り出しています。一方の柴門先生は、大ヒットドラマの原作『東京ラブストーリー』や『あすなろ白書』の著者で“恋愛の巨匠”とも呼ばれていますね」(大手版元関係者)

     そんなふたりの息子が“メジャーデビュー”したという漫画はどんな内容なのか?

    「西倉先生は'14年の『ちばてつや賞 ヤング部門』で大賞を受賞した後の'16年、『Eleganceイブ』という秋田書店の漫画雑誌で『HOTEL R.I.P.』というタイトルの漫画の連載をスタートさせ、単行本も出ています。不慮の死に見舞われ、現世に心残りがある人々を描いたファンタジー作品です」(前出・漫画雑誌編集者)

     重厚な人間ドラマを描くことに定評がある弘兼氏と、“トレンディードラマ”を得意とする柴門氏とは作風や絵柄に関しても両親の影響を受けているようには見えない。

    僕たちの作風とは違った

     そこでまず、父親である弘兼氏に話を聞いた。

    「ウチで背景の手伝いをしてもらったことはありましたが、漫画を描いていることは知りませんでした。あるとき“『ちばてつや賞』をとりました”と、報告があって驚きました。息子の漫画を読んだことはありますが、僕たちの作風とは違って、繊細な作品だと思いました。相談を受けたこともいっさいないですね」

     一方の柴門氏も同様で、デビューした際にも事後報告だったという。

    「私たちが両親だということを、息子はずっと隠していたようです。漫画界は完全に実力主義なので、親のコネでデビューできる世界ではないのですが、“親の七光”だと言われることをとにかく嫌っていたみたいです。

     私も、彼が『ちばてつや賞』をとるまで漫画を描いていることを知りませんでした。連載も決定してから報告があっただけで、すべて事後報告でしたね。アドバイスしたこともありませんし、あえて両親とは距離をとっているのだと思います」

     偉大なご両親に頼ることなく漫画家デビューした、西倉新久先生の今後の作品にも期待したい!


    6/4(火) 4:00配信 週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190604-00015301-jprime-ent
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/1/1/-/img_1159d9e2810c6cbaa3379b5d00f40c93626257.jpg
    img_1159d9e2810c6cbaa3379b5d00f40c93626257

    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/d/0/-/img_d0504b09cfa6b2be15301156e52de9233444176.jpg
    img_d0504b09cfa6b2be15301156e52de9233444176

    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/1/-/img_a16f01bea3df449dc0ab19a1aa8ad87c2061275.jpg
    img_a16f01bea3df449dc0ab19a1aa8ad87c2061275

    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/7/f/-/img_7f1e14250d32941499b95cdd810bcf961905658.jpg

    img_7f1e14250d32941499b95cdd810bcf961905658

    【【漫画家】弘兼憲史・柴門ふみの息子が漫画家デビューしていた! 両親が語る「意外な作風」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1559489672357

    1:  
    ↓以下、外国人の反応

    「この展開には満足できない。リヴァイの選択にも同意できないし、上官を攻撃するミカサもありえない。これは人類の生き残りをかけた戦いなんだろ?」

    「緊迫感のある良いエピソードだったけどな。リヴァイは苦しい選択を迫られていた。彼には同情するしかない」

    「今回のミカサとアルミンの生還には一番ガッカリしたね」

    「誰かモブリットの話もしてくれないか?彼は最後までハンジの為に尽くしたヒーローだ」

    「血清はエルヴィンに打って欲しかったな。彼ほど統率力があり人類を鼓舞できる人間はいないよ。アルミンはエルヴィンの代わりにはなれない」

    「このアニメに良いも悪いもないよ。このアニメはただ残酷なんだ・・・」

    「やってくれたな!まさか先週を上回るとは誰が予想した?素晴らしいスタッフたちだ!」

    「ハンジの台詞にはグッときたよね」

    「ベルトルトが104期生を見てホッとして一瞬笑みを浮かべたところが辛かった」

    【進撃の巨人最新話に外国人がブチギレ。「どうしてエルヴィンを生き返らせないんだい?理解できないよ】の続きを読む

    このページのトップヘ