悟空 驚く

1:   2019/07/14(日) 06:16:46.65
チチ「悟空さ!もう我慢ならねえだ!いい加減にまともに働いてくれろ!」

悟空「オラ修行で忙し・・・」

チチ「悟空さ!!悟空さの食費だけで毎月幾らかかってると思うだ!!
おっ父の財産ももう無くなっちまっただよ!!」

悟空「・・・」



ピッコロ「で、俺のところに来たと」

悟空「悪いなピッコロ。チョットでいいからさ、カネ貸してくれねえか」

悟飯「お、お父さん・・・」

ピッコロ「人間どものカネなど、俺が持っているはずがないだろう」

悟空「どうすっかな~・・・
このままじゃ、チチに許してもらえねえぞ・・・」

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563052606/
2:   2019/07/14(日) 06:17:09.32
ピッコロ「まともに働いたらどうだ」

悟空「アハハ、オラはそういうの向いてねえ」

ピッコロ「・・・」 悟飯「・・・」

悟空「よし、ドラゴンボールでなんとかすっか!!」

ピッコロ「ま、待て!!そんなことで大切なドラゴンボールを使うなっ」

ピッコロ「オレにいい考えがある」

――神殿

デンデ「あっ!!悟空さん、悟飯さん。今日はどうしたんですか?」

悟空「へへへ・・・オラ、カネがチョット・・・」

デンデ「え?」

ピッコロ「かくかくしかじか・・・というわけだ」

デンデ「そ、そうでしたか・・・
それで、どうしてここに? ここにはお金になるようなものなんて・・・」

ピッコロ「・・・神の持ち物に、五億年ボタンというものがあったはずだ」

デンデ「え? あるんですか?」

ピッコロ「あるはずだ」

3:   2019/07/14(日) 06:17:29.45
ポポ「ある。あるけどダメ。アレ危険なもの。神様、封印した。」

デンデ「封印?」

ポポ「神様、ドラゴンボール創るのに、いっぱい実験した。
五億年ボタン、そのひとつ。でも失敗作。」

悟空「なあピッコロ、オラはボタンじゃなくてカネが欲しいんだけど」

悟飯「ピッコロさん、五億年ボタンってなんなんですか?」

ピッコロ「よし、説明してやろう。五億年ボタンというのはだな」

・ボタンを押すと百万ゼニーがでてくる。

悟空「オラそれやる!!やるぞ!!」

ピッコロ「ま、待て!!最後まで話を聞けっ!!」

・ボタンを押すと、押した人間の精神だけが何も無い空間に飛ばされる。
そこからは五億年が経過しなければ出ることはできない。

悟空「五億年もかかるんじゃ意味ねえぞ、チチが死んじまう。
それに、何もねえところじゃ、オラ腹が減っちまう」

ピッコロ「実際に経過する時間は一秒もかからん。精神と時の部屋のようなものだ。」

ピッコロ「飛ばされるのは精神だけだ。餓死などの心配もない」

・ボタンは何度でも押せる。

4:   2019/07/14(日) 06:17:47.29
・ボタンを押したあとの空間から現実の世界に戻ってくる際に、
五億年ぶんの記憶は消される。

ピッコロ「仮に五億年の孤独に精神が耐えられなくなっていても、
こちらに戻ってくる瞬間にリセットされるというわけだ」

ピッコロ「本人の感覚的には、ボタンを押して、一秒後に百万ゼニーがでてくる。
・・・そんな感じだろうな」

悟飯「ピッコロさん。その『何も無いところ』には、ボクたちみんなで行けるんですか?」

ピッコロ「いや、ボタンを押した本人だけ。一人だけだ。」

デンデ「な、なんだか恐ろしいですね・・・
五億年もの間、そんな場所で一人きりだなんて・・・」

ピッコロ「ああ、普通の人間なら耐えられんだろうな」

5:   2019/07/14(日) 06:18:04.58
ポポ「神様、ドラゴンボール創るのに人間の欲望が知りたかった。
五億年ボタン、それ調べるのに創った。でも・・・」

デンデ「でも?」

ポポ「五億年ボタン、あまりに残酷。神様、後悔した。それで封印した。」

悟空「でぇじょぶでぇじょぶ。オラなら五億年くらい平気だって!!」

悟飯「あの、お父さん・・・五億年がどれぐらいか知ってるの?」

悟空「オラ難しいことは知らねえけど、五億年くらいならすぐだろ? たぶん、五年とチョットくらいじゃねえか?」

悟飯「ぜ、全然違う・・・」

悟空「いいからさ、とりあえず試しに押してみねえか?
ミスター・ポポ!!そのなんとかボタン持ってきてくれ!」

6:   2019/07/14(日) 06:18:14.68
懐かしい

7:   2019/07/14(日) 06:18:20.65
ポポ「ダ、ダメ・・・神様との約束・・・」

悟空「いいからいいから。
な、チョットだけだって!!一回だけ、一回だけだからさ!!」

ポポ「ポポ、どんなことになっても責任持てない・・・」

悟飯「お父さん、やめようよ・・・
ボク、なんだかイヤな予感がする・・・」

悟空「でぇじょぶでぇじょぶ。おめぇは心配性なんだって。
だいたい、ここでやめちまってどうすんだ?
手ぶらで帰ったら、まーたチチにどやされっぞ」

悟飯「で、でも・・・」

悟空「しょうがねえなあ」

シュンっ!!

ベジータ「なっ!?」

悟空「へへへ・・・悪いな、ベジータ」

8:   2019/07/14(日) 06:18:38.47
ベジータ「こ、この・・・
いきなりこんなところに連れてきやがって・・・」

悟空「ブルマとデートの最中だったのに悪いことしちまったな
ハハハ、悪い悪い」

ベジータ「貴ッ様ぁぁぁ!!」

悟空「ところでベジータ。
一瞬で五億年ぶんの修行ができる空間があるんだ」

ピッコロ「!」悟飯「!」デンデ「!」

ベジータ「フン。精神と時の部屋か、あんなもの・・・」

悟空「いや、もっとすげーところだ。行ってみたくねえか?」

ベジータ「・・・お前は行ったのか?」

悟空「えっ?」

ベジータ「そのすごいところとやらに、お前は行ったのかと訊いている」

悟空「オ、オラ? オラは・・・オラはその・・・ええと・・・」

ベジータ「どうにも胡散臭いな。俺は帰るぞ。
ブルマのやつの買い物に付き合わされてるんでな」

ドヒュウ!!

9:   2019/07/14(日) 06:18:57.21
悟空「ベジータのやつ、行っちまった」

悟空「やっぱりオラが押すしかねえな・・・ポポ!!持ってきてくれ!!」

ポポ「・・・五億年ボタン、持ってきた。でも、押すのよくない」

悟飯「お父さん・・・」

悟空「おっ、これか~・・・意外に小せえんだな」

ポポ「ここのボタン押す。すると、ここの引き出しからお金でてくる。」

悟空「よ~し、じゃ、いっちょやってみっか!!」

悟空「お父さん!!」

ピッコロ「お、おい、孫、本当に押すつもりなのか?」

悟空「ピッコロまでなに言ってんだ。
いい考えがあるってこれを教えてくれたのは、おめぇじゃねえか」

ピッコロ「それはそうだが・・・」

悟空「これでチチに怒られねえですむぞ。
悟飯!おめぇにも何か買ってやるからな!」

悟空「ポチッと」

11:   2019/07/14(日) 06:19:16.68
悟空「あれ、なんともねえぞ」

五億年ボタン「ジャキーン!!」

【百万ゼニー】

悟空「!」悟飯「!」ピッコロ「!」デンデ「!」ポポ「!」

デンデ「ほ、ほんとに・・・でてきた・・・」

ピッコロ「ウ、ウム・・・」

悟飯「お、お父さん!!大丈夫?」

悟空「おいピッコロ!!五億年はどうなったんだ?」

ピッコロ「体感的には一瞬と言っただろう」

悟空「なんでぇ。オラ、五億年で修行しようと思ってたのに・・・」

デンデ「悟空さん、お金です」

悟空「おっ、サンキューなデンデ。
そうだ、おめぇにもチョットやるよ」

デンデ「えっ!? い、いえ、僕にはお金は必要ないですから・・・」

悟空「まあまあ、遠慮すんなって!!
オラがこいつを押せば、カネなんかいっばいでてくるんだから」

13:   2019/07/14(日) 06:19:50.89
悟飯「えっ、ちょ・・・」 ピッコロ「お、おい!!」

悟空「うひひ、押すぞ~!!」

ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ

ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン!

悟空「うっひょ~、すげぇ!!」

悟飯「あわわわ・・・」

ピッコロ「ば、馬鹿たれが・・・!!」

悟空「悟飯、おめぇも押してみっか? おもしれえぞこれ」

悟飯「え・・・」

ピッコロ「やめろっ!!押すんじゃない!!」

悟飯「!? は、はい・・・」

悟空「あと三十、いや五十回くらい押しとくか・・・」

ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ

ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン!

悟空「ポポ!!この札束入れる袋かなんかねえか?」

15:   2019/07/14(日) 06:20:07.40
ピッコロ「いかん!悟飯、孫のやつを止めるんだ」

悟飯「ど、どうしてですか?」

ピッコロ「考えてもみろ、あいつは既に十回以上もボタンを押しているんだぞ!!」

悟空「えと、五億年が十回だから、ええと・・・ご、五十億年!!」

ピッコロ「これ以上は危険だ!!
・・・いや、そもそも最初の一回ですら危険だったんだ!!」

ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ
ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン! ジャキーン!

悟空「へへへ、もう三十回くらい押したかな・・・? まだまだ・・・
オラなんだかワクワクしてきちまったぞ!!」

ピッコロ「孫ー!!いますぐ押すのをやめろーーーーっ!!」

悟飯「おとうさーん!!」

17:   2019/07/14(日) 06:20:23.96
界王「チチに怒られ、目先の金欲しさに五億年ボタンを押してしまった悟空。
いったいどうなってしまうのか~?」

悟空「ポチッと」

シュンっ!!

1日目

悟空「あれ? ここどこだ?
お~い、悟飯、ピッコロ、デンデ~、ミスター・ポポ~」

悟空「・・・おっかしいなぁ。みんな、どこ行っちまったんだ?」

悟空「ええと・・・オラ、あのボタンを押して、それで・・・」

悟空「! そういや、ピッコロのやつがどこかに飛ばされるとか言ってたな」

悟空「ま、いいや。昼寝でもしてりゃ出られるだろ」

18:   2019/07/14(日) 06:20:42.06
1週間
悟空「しっかし、ホントになんにもねえとこだな~・・・
ナメック星よりなんにもねえぞここ」

悟空「ピッコロの言ってた通り、腹は減らねえし疲れもしねえけど・・・
なんにもねえってのは飽きちまうな」

悟空「よーし、いっちょ修行でもしてみっか!!」

1ヶ月
悟空「うりゃりゃりゃりゃりゃ!!」

ババババババ!!

悟空「うりゃりゃりゃりゃりゃ!!」

ババババババ!!

悟空「破ァ!!」

ドゴーン!!

悟空「かめはめ波が直撃してもぶっ壊れねえ床か~すげぇな~」

3ヶ月
悟空「毎日毎日、同じトレーニングじゃ偏っちまうからな」

悟空「今日はこっから向こうまで全力疾走してみっか」

19:   2019/07/14(日) 06:20:56.70
半年
悟空「かなり長いこと走ってるけど、
いつまで走ったら向こう側に着くんだ?」

悟空「ま、疲れねえからいいけどよ」

1年
悟空「それにしても、久々にすっげぇ長いこと修行してる気がするなあ・・・
いつもだったら、チチに『悟空さ!修行ばっかしてねえで働いてけろ!』って怒られちまうもんな」

悟空「・・・あ~あ、チチの飯が食いてぇなあ」

悟空「修行したあとの、メチャクチャ腹減ってからのメシは美味いんだけどなあ」

21:   2019/07/14(日) 06:21:14.11
3年
悟空「腹は減らねえし、眠くもならねえ、おまけに疲れもしねえ」

悟空「常に仙豆食ってるみたいな感じだ」

悟空「修行するには最高なんだけどな~・・・一人きりってのがな~・・・
一人じゃ組み手もできねえ」

悟空「クリリンかピッコロがいてくれりゃなあ・・・」

悟空「悟飯のやつも元気にしてるかなあ・・・」

5年
悟空「そろそろ出れねえかな?」

悟空「どっかに出入り口があるか探してみっか」

6年
悟空「どこにもそれっぽいものがねえ・・・
流石にまだ出れねえか・・・」

悟空「五億年だもんな、たぶん五年くらいしか経ってねえはずだしな」

8年
悟空「オラも修行は好きだけど、
こう連続して同じことばっかじゃ飽きちまうよ」

悟空「たまには新しいことすっか」

23:   2019/07/14(日) 06:21:31.39
10年
悟空「どどん!!」

悟空「確か、どどん波ってのはこんな感じだったよな・・・」

悟空「どどん!!どどん!!」

悟空「うーん、なんかイマイチだな・・・
戻ったら天津飯にコツを教えて貰うか」

悟空「そういや、天津飯とチャオズ以外に、
これ使ってたやつがいたような・・・」

12年
悟空「どどん!!」 びっ!!

悟空「誰だっけな~・・・
なんとかパイ・・・なんとかパイ・・・」

悟空「パイパイは亀仙人のじっちゃんの好物だしな~・・・」

悟空「スーパーどどん波!!」

15年
悟空「タ、タオ・・・タオパイパイ!!タオパイパイ!!」

20年
悟空「両手指と両足指から同時に出せるようになったし、
どどん波はこんなもんでいいか」

25:   2019/07/14(日) 06:21:51.71
30年
悟空「気円斬!!あっ、やべっ!!」

悟空「う、腕が・・・」

悟空「あっなんともねえ」

悟空「あぶねえあぶねえ、もうちょいでフリーザみたくなるとこだった」

悟空「しかしクリリンや天津飯ってすげえよな~
こんなにいろいろな技を使えるんだもんな~」

悟空「クリリン・・・」

40年
悟空「狼牙風風拳!!はい、はい、はいぃぃっ!!」

悟空「これ足元が弱点だな、改良すっか」

50年
悟空「真・狼牙風風拳!!」

悟空「まだ駄目だなこれ」

80年
悟空「そもそも根本的に駄目なんじゃねえか? これ」

悟空「帰ったらヤムチャに・・・帰りてえ・・・」

26:   2019/07/14(日) 06:22:07.37
100年
悟空「魔貫光殺法!!」

悟空「こんなもんか・・・」

悟空「考えてみれば、オラってこういう風に修行したことって無かったよな」

悟空「オラ、ここに来てから随分と修行したよな・・・」

悟空「帰ったらみんな驚くだろうな・・・」

悟空「悟空!!すげぇよ!!いつの間にそんなに強くなったんだ!?」

悟空「へへ、オラ、気円斬の扱いならクリリンにも負けねえぞ!!」

悟空「くっそ~、悟空のやつ~」

悟空「ハハハ、こっちだよ~だ」

悟空「ハハハ、ハハ・・・」

悟空「修行・・・すっか・・・」

27:   2019/07/14(日) 06:22:23.21
200年
悟空「肉が食いてぇ・・・魚が食いてぇ・・・
チチのメシが食いてぇ・・・チチ・・・」

悟空「修行しても誰とも戦えねえのは嫌だ・・・
誰でもいいから組み手してぇ・・・」

悟空「クリリン・・・ピッコロ・・・ベジータ・・・」

300年
悟空「考えてみれば、フリーザもセルも、
悪いやつじゃなかったかも知れねえな・・・」

悟空「あいつら地獄にいるのかなあ・・・
もう一度、あいつらと戦いてえなあ・・・」

28:   2019/07/14(日) 06:22:39.19
500年
悟空「おーい、ピッコロー!!ピッコロー!!
聞こえてんだろー!!そろそろ出してくれよー!!」

悟空「ピッコロー!!ピッ・・・」



悟空「クソッ!!!!」

悟空「破ァッッ!!!!」

800年
悟空「オラの気円斬で床に傷が付けられるようになった」

悟空「これから日数をつけておこう」

悟空「たぶん、ここに来てから四億五万年くらいは経ってるはずだ・・・」

悟空「日記も書きてえけど、オラ字がイマイチ分かんねえからなあ・・・」

悟空「確か、亀仙人のじっちゃんはこんな感じで教えてくれたはず・・・」

30:   2019/07/14(日) 06:23:05.46
1000年
悟空「10のまとまりが205あるから・・・ええと・・・」

悟空「勉強ってのもおもしれえもんだな」

悟空「帰ったらオラも悟飯と一緒にガッコウに行ってみるか・・・」

2000年
悟空「もうイヤだ!!オラもうイヤだ!!イヤだ!!イヤだーっ!!」

悟空「五億年!!五億年だぞ!!五億年!!」

悟空「日にちにして1825億日!!」

悟空「時間にして4兆3800時間!!」

悟空「分にして262兆8000分!!」

悟空「秒にして1京5768兆秒!!」

悟空「無理だ・・・オラには耐えられねえ・・・」

悟空「ううう・・・何が五年とチョットだ・・・
バカじゃねえのかオラは・・・」

悟空「何が戦闘民族サイヤ人だ・・・くそっ!!くそっ!!」

悟空「あの頃に戻りてえ・・・
戻ったらオラ自身をぶっ飛ばしてやりてえ・・・」

31:   2019/07/14(日) 06:23:21.42
50000年
悟空「かーめーはーめー」

悟空「破ァァァッッ!!」

カッ

悟空「・・・吹き飛んだか。
計算よりもパワーが弱いな・・・
気のコントロールを調整しなければ」

悟空「闇雲にパワーが強いだけでは意味がねえ
コントロールすることが大切だ・・・」

悟空「スーパーサイヤ人にならずに
でけえ気をコントロールすることが大切だ」

悟空「もっと効率のいいトレーニングをしなければ・・
いままでの修行じゃ駄目だ」

悟空「トレーニングをしているときだけ、
オラは何も考えないで済む」

32:   2019/07/14(日) 06:23:38.71
800000年
悟空「みんな、オラが悪かったんだ・・・」

悟空「みんなを悪く思っても、ここからは出られねえ・・・」

悟空「オラ、自分の罪から逃げたくて、みんなに責任転嫁してたんだ」

悟空「オラが馬鹿だった・・・軽率だった・・・」

悟空「許してくれ、チチ、ピッコロ、ヤジロベー、 兎人参化、亀仙人の亀・・・」





悟空「オラがこんなに謝ってるのに、
どうしてここから出してくれねえんだーーーっ!!!!」

ボッ シュインシュインシュイン・・・

34:   2019/07/14(日) 06:23:58.79
1,000,000/5,000,000,000
悟空「ううっ・・・うっ・・・」

悟空「ここからだしてくれ・・・」

悟空「ここからだしてくれたら、オラなんでもする・・・
修行だってやめてもいい・・・だから・・・」

悟空「二度とあんなボタン押さねえから、ここからだしてくれ・・・」

悟空「せめて、誰かと話してえ、誰かの姿を見るだけでもいいんだ」

悟空(クリリン・・・オラの声が聞こえるか、クリリン・・・)

悟空「クリリンの気さえつかめれば、テレパシーで話ができるはずだ・・・
クリリンと話がしたい、クリリンと話がしたい・・・」

悟空「・・・駄目だ・・・」

ボソボソ・・・

悟空「!!」

悟空「だ、誰かいるのか!?」

ボソボソ・・・

悟空「ど、どこだ!?」

悟空「話し声がしたはずなのに、誰もいねえ」

39:   2019/07/14(日) 06:24:14.64
5,000,000/500,000,000
悟空「時折、誰かの声がする。誰かの影も見える。
ここには誰もいねえはずなのに・・・」

悟空「初めて聞こえてから、しばらくの間は声の主を必死になって探した。
でも、5000年くらい探しても見つからなかった」

悟空「話ができれば誰でも良かった。
人間じゃない動物でも、化け物でも、なんでも良かった」

ボソボソ

悟空「でも、見つからなかった」

ボソボソ

悟空「オラの頭がおかしくなっちまったのか、それともどこかに隠れているのか」

ボソボソ

悟空「いまも聞こえてくる」

ボソボソ

悟空「おめぇ、オラの声が聞こえてるんだろ?
・・・なあ、返事してくれよ」

40:   2019/07/14(日) 06:24:19.69
こういう元からある話をほぼコピペしてSS作るやつってどういう心境なんか気になるわ

42:   2019/07/14(日) 06:24:35.44
20,000,000/5,000,000,000→500,000,000
悟空「見てくれよクリリン。
今日は床にギニュー特戦隊のモヒカンのヤツを描いてみたんだけどよ」

悟空「クリリン「似てる似てる。8658前のやつより似てるじゃねえか」」

悟空「この前のやつは目のところが気に食わなかったからな」

悟空「ブルマ「ちょっと孫くん!あたしのパパも描き直しなさいよ!」」

悟空「悪りい悪りい、ブルマの父ちゃんはピッコロ大魔王の部下の・・・」

悟空「フリーザ「ドラムのあとですね、ホッホッホ・・・」」

悟空「流石はフリーザだな!よく覚えてんな~」

悟空「フリーザ「フ、フン!サイヤ人のサルに褒められても・・・」」

悟空「あははは」

43:   2019/07/14(日) 06:24:56.02
60,000,000/500,000,000
悟空「オラがこう構える」シュッ

悟空「で、セルがこう構えたはずだ」

悟空「一秒、コンマ02でオラがこう移動して、セルがこう対応したはず」

悟空「オラが瞬間移動した時のセルとの距離は・・・
これをAとして悟飯のBがこれだから、ここか」

悟空「セルの再現は地球で戦ったぶんだけフリーザより楽だな」

悟空「セルの性格から言っても、
この時点でオラに対する油断の気持ちがあったはずで・・・」

悟空「これはベジータの細胞の・・・いやフリーザの細胞の影響なのか」

悟空「セルの平均的なパワーがこんなもんだとすれば、あの時点で・・・」

ブルマ『孫くん、まだやってんの?』

悟空「ブルマ、おめぇは完全に再現できてっけど、
セルは八割しか再現できてねえんだ」

悟空「完璧に再現するには、完璧に過去を思い出さなきゃなんねえ」

ブルマ『あーあ、つまんないの』

45:   2019/07/14(日) 06:25:12.60
100,000,000/500,000,000
悟空「・・・あと四億年か・・・」

ラディッツ『いろいろなことがあったな、カカロット』

亀仙人『もうチョットの辛抱じゃぞ』

悟空「兄ちゃん、じっちゃん・・・」

悟空「・・・あと四億年か・・・」

クリリン『おい悟空!!ブルマが産気づいてるぞ!!早くしろ!!』

悟空「おっ、すまねえクリリン」

ヤムチャ『しかしブルマと悟空の子供って何人目だ?』

ゲロ『チチとの子供が950人、ブルマとは380人目だな』

悟空「名前どうすっかな~」

46:   2019/07/14(日) 06:25:30.31
200,000,000/500,000,000
悟空「なあ、クリリン。
こんなことに何の意味があるんだ?」

クリリン『こんなことって?』

悟空「オラには分かってきたんだ。
オラもおめぇも、生きてるようで生きてないんだって」

クリリン『な、なんだよ、いきなり・・・
悟空の癖に哲学じみたこと言うなよな・・・』

悟空「オラは生きてて、ここに存在する。
でも、オラは、いまの孫悟空は、ここから帰るときには消えちまうんだ。」

クリリン『またその話かよ』

悟空「オラはオラだ。
それは、ここでクリリンと話しているオラが、
自分自身が孫悟空だと自覚しているからだ。」

クリリン『そんなの、誰だってそうだろ?
俺だってクリリンだぜ?』

悟空「いや違う。おめぇはクリリンであってクリリンでねえ。
おめぇはオラの記憶を基にした、『オラの考える最もクリリンに近いもの』であって、
ホンモノのクリリンじゃねえ」

48:   2019/07/14(日) 06:26:11.49
クリリン『アハハ、冗談きついぜ。
俺がホンモノのクリリンじゃないだって?
じゃ、誰がホンモノのクリリンなんだよ?』

悟空「向こう側のクリリンだ。」

クリリン『向こう側の俺?』

悟空「そうだ。
オラの生み出した妄想のクリリンが、どれだけホンモノのクリリンに近付こうとも、
結局はオラの妄想でしかない。
ホンモノのクリリンは向こう側にいるからだ。」

クリリン『よくわかんねえよ』

悟空「例えば、オラがクリリンを殴るとする」

クリリン『お、おいっ、やめろよ』

悟空「ホンモノのクリリンもニセモノのクリリンも間違いなく同じ反応をするはずだ。
クリリンの性格から考えても間違いはねえ」

クリリン『で?』

52:   2019/07/14(日) 06:26:28.78
悟空「違いはひとつ。
そのクリリンは向こう側にいるか、こちら側にいるかなんだ」

悟空「そこでオラは考えた。
全く同じことを考えて、全く同じことをするクリリンが二人いた場合、
どちらが本物なのか」

クリリン『どっちも本物だろ? あおや、どうなんだ・・・?』

悟空「なあ、クリリン。オラは誰なんだ?
オラは本当に存在してるのか?本当にここにいるのか?
オラは、どこかの誰かの妄想の産物なんじゃないのか?」

クリリン『お、落ち着け悟空!』

パラガス『落ち着けぇ!!』

53:   2019/07/14(日) 06:26:43.83
300,000,000/500,000,000
悟空「・・・そうか・・・」

悟空「善も悪もねえ。自己も他者もねえ。
ありとあらゆるものは空っぽなんだ」

悟空「・・・そうか・・・」

400,000,000/500,000,000

悟空「・・・」

悟空「・・・」

悟空「・・・」

56:   2019/07/14(日) 06:26:57.47
499,999,999/500,000,000
悟空「・・・この世界、オラ達の世界は・・・
どこかの漫画家が描いた漫画なんじゃないのか?」

悟空「そして、週刊の漫画雑誌に掲載されてて・・・」

悟空「とりやま・・・

悟空「とりやま、あき・・・」


500,000,000/500,000,000 パッ

シュンっ!!

57:   2019/07/14(日) 06:27:15.79
悟空「あれ? なんともねえぞ」

五億年ボタン「ジャキーン!」

【百万ゼニー】

悟空「!」悟飯「!」ピッコロ「!」デンデ「!」ポポ「!」

デンデ「ほ、ほんとに・・・でてきた・・・」

ピッコロ「ウ、ウム・・・」

悟飯「お、お父さん!!大丈夫?」

悟空「おいピッコロ!!五億年はどうなったんだ?」

ピッコロ「体感的には一瞬と言っただろう」

悟空「なんでぇ。オラ、五億年で修行しようと思ってたのに・・・」

60:   2019/07/14(日) 06:27:42.51
デンデ「悟空さん、お金です」

悟空「おっ、サンキューなデンデ。
そうだ、おめぇにもチョットやるよ」

デンデ「えっ!? い、いえ、僕にはお金は必要ないですから・・・」

悟空「まあまあ、遠慮すんなって!!
オラがこいつを押せば、カネなんかいっばいでてくるんだから」

悟飯「えっ、ちょ・・・」 ピッコロ「お、おい!!」

悟空「うひひ、押すぞ~!!」

ポチッ




おわり

61:   2019/07/14(日) 06:28:25.49
これもう6年も前なんやな…

63:   2019/07/14(日) 06:28:52.74
悟空なら四身の券コピーして暇潰せるやろ

66:   2019/07/14(日) 06:32:01.59
パクリ改変なのに何も生み出さなかったな

68:   2019/07/14(日) 06:32:45.24
弥勒菩薩が出てくるのは56億7千万年後という事実

73:   2019/07/14(日) 06:37:20.75
ワイたちの今の人生も5億年ボタンの最中かもしれないんやで