logo

    カテゴリ: ゴールデンカムイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2022/11/20(日) 08:39:44.24 ID:N01rUetIdHAPPY
    おまえ白石だろ!?
    FX6s2WIVUAATSrh

    【ゴールデンカムイの思い出「牛山の最期」「このマタギすけべすぎる」「チタタプ」しかない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2022/11/04(金) 09:23:34.097 ID:BymK0uwVr
    まだ読んで無いけど凄い事でしょこれって
    FX6s2WIVUAATSrh

    【ゴールデンカムイってきっちり完結させたって事だけでも凄い事だと思うよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2022/10/26(水) 18:53:12.688 ID:RhFslLrnd
    アシㇼパは誰でもいいけど
    FX6s2WIVUAATSrh

    【ゴールデンカムイの実写は全員ゴリゴリゴリマッチョの誰にやらせればいいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2022/10/19(水) 19:56:13.502 ID:tPvntQDN0
     大人気マンガ「ゴールデンカムイ」の実写映画に、俳優の山﨑賢人(28)の出演が内定しているという情報をキャッチした。
    山﨑は現在放送中のTBS系日曜劇場「アトムの童(こ)」で主演を務めており、その撮影が終わり次第、「ゴールデンカムイ」の撮影に参加予定。
    プライベートでは女優の広瀬すず(24)と交際中で、公私ともに絶好調だ。

    「ゴールデンカムイ」の実写映画化は4月に発表され、キャストをめぐって情報が飛び交っている。
    中でも山﨑の出演は最有力だったが、すでに内定したようだ。

     具体的な撮影スケジュール情報も浮上。11月ごろにクランクインし、北海道や東京、群馬、長野などで撮影され、来年6月ごろまでの長いスパンになる予定という。

    マンガ「ゴールデンカムイ」は、日露戦争直後の北海道と樺太(サハリン)を舞台に、死刑囚が隠した金塊を探すストーリー。
    ギャグもありつつ、アイヌ文化についても丁寧に紹介されている。
    2014年から「週刊ヤングジャンプ」で連載され、今年4月の最終回で大団円。
    単行本全31巻の累計発行部数は2000万部を超えている。

     山﨑は、日露戦争で活躍し“不死身の杉元”と呼ばれた主人公の元陸軍兵・杉元佐一を演じる。

     アクションシーンも多い展開となりそうだが、ネットフリックスの配信ドラマ「今際の国のアリス」(20年)で激しいアクションを経験済みだ。

     芸能プロ関係者は「『アトムの童』の役柄はかなり細身だが、実は筋トレするとすぐにバキバキになるし、意外にも肉体美がすごいと評判。
    これまで多くのアクションシーンをこなしてきたので、元陸軍兵の役を演じても違和感はないでしょう」と話している。

     山﨑といえば、マンガを原作とした実写映画によく起用されている。
    19年公開の「キングダム」の主演を務め、大ヒット。今年7月には「キングダム2 遥かなる大地へ」も公開された。
    他にも、ともに17年公開の「斉木楠雄のΨ難」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」に出演している。

     映画会社関係者は「マンガが原作の映画はキャスト発表の段階でファンが過剰に反応することも多く、オファーしづらいという事情がある。
    これだけ安定感があって、ヒットしたものも多く、ファンも多い山﨑に『ゴールデンカムイ』でもオファーが舞い込んだ」と話している。
    FX6s2WIVUAATSrh

    【ゴールデンカムイ実写映画化 杉本一佐役に決定したのは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2022/08/02(火) 22:37:06.21 ID:m2tOMdUA0
    敵キャラ全員が悲しき過去もちやん
    FX6s2WIVUAATSrh

    【ゴールデンカムイ「このキャラに悲しき過去……」←この展開多すぎんか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FX6s2WIVUAATSrh

    1:   2022/07/25(月) 13:06:08.909 ID:1qU16Wy80
    こんなん死人でるって


    【【画像】ゴールデンカムイスタンプラリー2022がヤバい】の続きを読む

    このページのトップヘ