logo

    カテゴリ: 漫画総合・ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2019/12/28(土) 06:51:32.27 BE:306759112-BRZ(11000)
    sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
     2019年8月27日にDiscordで配信されたラジオ「居酒屋:でんふぁみにこげーまー」では、
    ホスト役にTAITAI編集長と鳥嶋和彦氏、鵜之澤伸氏、そしてゲストにサイバーコネクトツーの松山洋氏と、
    集英社の矢作康介氏を迎えて、「漫画はこの先どうしていくべきか?」というテーマについて、大いに語り合ってもらった。


    同じ漫画を10年も20年も連載して、それで完結しないお話って何なの!?

    松山氏:
     ちょっと1つお伺いしたいですけど。『ベルセルク』【※】、ついにキャスカが目覚めましたね。
    ※『ベルセルク』……三浦建太郎氏により1989年から執筆されているダーク・ファンタジーコミック。
    主人公ガッツの親友グリフィスが魔に落ちた「蝕」の際に、女剣士キャスカは凌辱されて正気を失っていたが
    、2018年に刊行された第40巻で、ついに意識を取り戻した。

    鳥嶋氏:
     あんまり関心がない。

    松山氏:
     ええッ!?  22年ぶりですよ、キャスカ。

    鳥嶋氏:
     三浦さん本人にも言ったけど、「蝕」以降の『ベルセルク』って、話の展開があんまり好きじゃないんだ。
    正直言って、読者として興味がないから、読んでない。ごめん(笑)。

    松山氏:
     白泉社の方ですよね?

    鳥嶋氏:
     オレはもう会長で、現場に直接の責任はないから(笑)。

     でもね……旬の時に描き切っていなくて、話の流れの中で今ここに来て描くというのは、
    ファンにとっては良いかもしれないけど、ほとんどの人にとっては「だから?」って感じがあると思う。
     身も蓋もない言い方だけど、同じ漫画を10年も20年もやっちゃダメ。

     なぜかというと、週刊誌って年間50冊でしょ。50話だよね。ということは、10年間やったら500話だ。それで完結しない話って何なの?


    『ドラゴンボール』と『ナルト』の元担当編集が語る「ジャンプ」の裏側 ―
    絶対に敵わない『ワンピース』に勝つために『ナルト』が取った戦略とは【鳥嶋和彦×矢作康介×鵜之澤伸×松山洋】
    https://news.denfaminicogamer.jp/interview/191227f
    https://news.denfaminicogamer.jp/wp-content/uploads/2019/12/19173512/DSC_2222.jpg

    DSC_2222

    【元ジャンプ編集長 「同じ漫画を10年も20年もやっちゃダメ。新しい読者が入ってこれなくなる。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    manga-zasshi-logo2

    1:   2019/12/19(木) 22:40:33.03
    サンデー「トニカクオモシロクナイ...」
    チャンピオン「よ、弱虫ペダル...」

    【ジャンプ「ワンピース!」マガジン「進撃の巨人!」サンデー&チャンピオン「え、えっと...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3ce51308

    1:   2019/12/22(日) 19:47:36.51
    ワイはもう一生漫画読めへんのやろか

    【【悲報】漫画村の後釜、いつになっても現れない…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2019/12/14(土) 07:16:16.87

    【【悲報】ヤンジャンのあの漫画、打ち切りの危機により全話無料配信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:   2019/12/13(金) 21:53:11.05
     宝島社は12日、ムック「このマンガがすごい!2020」を回収すると発表した。

     11日に発売されたばかりだが、インタビューページに不備があったという。宝島社は「不備の詳細は差し控えたい」といい、本の修正や再販については検討中としている。

     「このマンガがすごい!」は、書店員や各界の漫画好きらのアンケートから、漫画単行本をランク付けするもの。20年版では、オトコ編1位に遠藤達哉さんの「SPY×FAMILY」、オンナ編1位に牧野あおいさんの「さよならミニスカート」が選ばれ、作者インタビューが掲載された。その他、漫画家やタレントらからの寄稿が掲載されていた。ランキングの変更はないという。

     賞は06年版から発表されていて、これまでに「進撃の巨人」「約束のネバーランド」「ハチミツとクローバー」「ヲタクに恋は難しい」などが1位になっている。ランクインをきっかけに単行本の売れ行きが大きく伸びる、アニメ化や映画化が決まるといった作品が多く、数ある漫画賞の中でも影響力が大きいことで知られている。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17523110/
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/e/cecb4_1509_c8658bb9_f73195c7.jpg

    cecb4_1509_c8658bb9_f73195c7

    【宝島社がムック本「このマンガがすごい!2020」を回収すると発表】の続きを読む

    このページのトップヘ